今日の株価

デイトレーダーとは


株式取引は様々な投資家が関わると共に、様々な手法が確立されています。
「デイトレード」もそんな株式取引における手法のひとつであり、その名の通り一日(デイ)に一回または複数回の取引(トレード)を行う方法のことをいいます。
デイトレーダーとは、このデイトレードで株式取引を行う投資家のことを指す言葉です。
厳密な定義としては判断の分かれるところですが、一般的には継続的にデイトレードを繰り返して取引を行う人をデイトレーダーと呼んでいます。
一日に得られる利益は、実際に取引を行う量によって異なるものの、場合によっては高額の利益を得ることができる場合もあり、主に個人投資家を中心にこうしたデイトレードを利用する人は増えています。

・取引としてのデイトレード

デイトレードとは、その日の取引をその日のうちに終わらせるというのが最大の特徴です。
つまり、利益も損失もその日のうちに完結させるということになりますので、その日だけで取引の勝ち負けを判定することができます。
デイトレーダーはこうしたデイトレードを繰り返していくことになりますので、日ごとの取引の結果を判断し、自身の取引傾向や市場の動向などを把握するといったこともしやすいという特徴を持っています。
特にその日のうちに取引を終わらせるということは、たとえば夜間に市場を変動させるような事件が起こったとしてもその影響を受けにくいというメリットがあり、短時間で取引を終了させるため、小さな利益を積み重ねていくということも可能です。
その反面、株価が上昇する好材料があった場合でもすぐに対応することが難しいといったデメリットもあります。

・初心者に多いデイトレーダー

デイトレーダーは、これから株式取引を始めようとする初心者に多い傾向にあります。
証券会社に口座を作れば誰でもデイトレードができますし、そのうえ最近では口座維持手数料や取引手数料が無料という証券会社も増えていますので、初心者にとってスタートしやすい環境が整備されています。
実際にインターネットや書籍などでもデイトレードの方法を紹介しているケースも多く、このことからも株式投資家デビューとしてデイトレーダーになるという人もたくさんいます。
こうした投資家たちの中にはデイトレーダーを専業としている人もいる他、本業とは別にデイトレーダーを副業としている人もいます。

・デイトレードに適した銘柄と時間帯

デイトレードでは一日で取引を完結させますので、銘柄の選定や取引を行う時間帯などもデイトレーダーにとっては重要な要素となります。
たとえば株式市場が最も活性化するのは前場がスタートした直後から1時間前後といわれていますが、この時間帯に取引を行うのがデイトレードの基本ともいわれています。
また、銘柄についてはデイトレードにおいては値動きが多いものが好まれる傾向にあるようです。
一日を通して値動きが少ない銘柄の場合は、デイトレードで利益を得ることができたとしてもわずかなものにとどまってしまいますので、値動きの幅が多い銘柄を中心に投資を行うというデイトレーダーも多いのではないでしょうか。

・デイトレーダーとして勝つためには

初心者に多いデイトレーダーとはいえ、実際に利益をあげるためにはビギナーズラックを除けば決して容易なことではないでしょう。
デイトレーダーの9割は損失を抱えているというデータもあり、このことからもデイトレードは利益を出すことが難しいということがわかります。
デイトレーダーとして利益を出すために必要なことは、取引における自身のルールを確立すること、そして他の投資家たちの手法を含めた情報を収集することです。欲をかいた投資や、なんとなくエントリーしているというだけの投資では利益を出すことはかなり難しく、それはデイトレードに限ったことではありません。
投資を行った結果すぐに利益を出せるようになるということはないので、地道な努力が必要な取引手法といえるでしょう。


株の基礎知識2018.09.12




銘柄レポート

今月の上昇銘柄 トップ100【2018年12月度】 今月の下落銘柄 トップ100【2018年12月度】
ゴールデンクロス銘柄【短期】 デッドクロス銘柄【短期】
ゴールデンクロス銘柄【中期】 デッドクロス銘柄【中期】
値上がり額ランキング 値下がり額ランキング
値上がり率ランキング 値下がり率ランキング
出来高増加率ランキング 出来高減少率ランキング
年初来の高値更新銘柄 年初来の安値更新銘柄

記事一覧

1 2 3 次へ  (13件)