今日の株価

空売りとは?


株式取引には「空売り」と呼ばれる手法があります。
ここでいう空売りとは、その名の通り「空で売る」という意味であり、「信用売り」という違った表現をされることもあります。
株式取引の基本は、株価の動向を判断して利益を得るというところにありますが株価が下落するトレンドの場合にはその分利益を得るチャンスも少なくなってしまいます。
空売りではそんなトレンドの場合であっても利益を出すことができるという取引手法であり、この点は大きなメリットともいわれています。

・空売りの仕組みとは

通常の株式取引が投資家と証券会社と1対1の関係で取引が行われるのに対し、空売りではそこにさらに証券金融会社が関係してきます。
この証券金融会社は、株券の貸借を取り扱っている会社であり、投資家が証券会社に株の空売り注文をすると証券会社はこの証券金融会社から株券を用意してもらいます。
ここで用意された株券は証券会社から投資家に渡され、投資家は証券会社から渡された株券を市場で売却した後、同じ株券を買い戻してから証券会社に戻します。
株券を売却後、買い戻しをする際の差額が利益となるという仕組みです。
少しややこしい仕組みでの取引となりますが、この方法の場合であれば株価が下がるような状況であってもうまく活用することができれば利益をあげることが可能となっています。
なお、空売りが実際にできるのは「貸借銘柄」として指定されている銘柄のみとなっています。
従って、市場で取引されているどの銘柄であっても空売りに対応しているというわけではないという点は注意が必要です。

・空売りのメリット

空売りにおける最大のメリットは、株価が下落しているようなトレンドであっても投資ができるという点にあります。
株価が上がっていく状態にそれに乗るというのは投資の一種の基本のようなものではありますが、逆に下落している傾向の相場に対して投資をするのはかなりのリスクを伴います。
空売りであれば、こうした下落している相場であっても投資をすることができるというメリットを持っています。
また、空売りはリスクを回避するための手段として活用することもできます。
株価が下がる要因には様々なものがあり、企業の業績不振がその最たるものですが、業績不振でなくても関連銘柄の下落や市場全体の動向などの影響を受けて株価が下がるというケースもあります。
投資をしようと思っている企業の業績が悪くなくても市場動向が下落傾向にあるという場合にはこうした空売りが有効なリスク回避方法として活用することができます。

・空売りのデメリット

このように、空売りには様々なメリットがありますが当然ながらデメリットもあります。
まず、空売りは株価が下落しているトレンドには利益を得ることができるチャンスがありますが、逆に株価が急上昇した場合には損失が発生します。
これは、売却した株券を買い戻すというのが空売りの方式であるためで、買い戻す際に株価が上昇していればその分損失が増えていきます。
また、空売りの場合は証券金融会社から株券を借りることになりますのでその分の手数料として貸株料というものが発生します。
これは一種の金利のようなものであり、利用している間発生しますのでできるだけ短期間で決済しなければ損失が増える要因となってしまいます。

・空売りの基本的な考え方

空売りを行う場合には、メリットとデメリットを理解したうえで、最適な運用方法を考えることが大切です。
特に気をつけたいのが、投資の上限の金額と損切りのラインを決めておくという点です。
投資の上限金額を決めるというのは空売りに限ったことではないのですが、損失が大きくなるリスクをはらんでいる空売りでは特に重要なポイントとなります。
また、損切りのラインについても明確に決めておき、そのラインを超えた場合には速やかに損失を確定するようにしましょう。

株の基礎知識2018.08.29




銘柄レポート

今月の上昇銘柄 トップ100【2018年12月度】 今月の下落銘柄 トップ100【2018年12月度】
ゴールデンクロス銘柄【短期】 デッドクロス銘柄【短期】
ゴールデンクロス銘柄【中期】 デッドクロス銘柄【中期】
値上がり額ランキング 値下がり額ランキング
値上がり率ランキング 値下がり率ランキング
出来高増加率ランキング 出来高減少率ランキング
年初来の高値更新銘柄 年初来の安値更新銘柄

記事一覧

1 2 3 次へ  (13件)