今日の株価

日経平均株価とは?


・日経平均株価は景気の指標

景気の流れを測るためには様々な指標がありますが、その中でも特に代表的なものといえば、日経平均株価ではないでしょうか。
株式投資というものを体験したことがないという人であっても、ニュースなどで「日経平均株価」という単語を耳にしたことがある、という人もいると思いますし、実際に株式投資を行っている人であれば日経平均株価というのは非常に重要な指標であると共に大きな情報となっています。

→現在の日経平均株価はこちら

・日経平均株価とは

では日経平均株価とは何でしょうか。
普段から株式市場に張り付いてチャートを追っているという人であればともかく、そうではない人にとってはただ漠然と平均株価が高いほうが景気が良く、逆に低くなれば不景気な状態だと考えるかもしれません。
この日経平均株価とは、東証一部に上場している銘柄の中から平均的な株価を算出するものです。
「日経」という言葉が使われていますが、決して日本中の株式市場すべての平均株価というわけではなく、あくまでも東証一部に上場している銘柄が対象となっている点が大きな特徴です。
また、東証一部に上場している銘柄のすべての株価の平均というわけでもなく、実際に日経平均株価に組み込まれているのは流動性が高い225銘柄が対象となっています。
現在東証一部に上場している企業の数はおよそ2000社ほどですが、そのうちのおよそ1割が日経平均株価として計算されているということになります。
この225銘柄は、先述の通り流動性が高い銘柄ということなので、いわば日本を代表する株式銘柄と考えることができます。
従って、日経平均株価は経済の指標として利用されることが多いものとなっているのです。
この日経平均株価と似た概念のものに「TOPIX」というものもありますが、これは東証一部に上場している全銘柄の平均価となっています。
全銘柄の平均株価ですので、景気変動などの日本経済の動向を確認するうえで欠かせない情報であり、日経平均株価と共に重要な経済指標として利用されています。

・日経平均株価の計算方法とは

ではこの日経平均株価はどのような方式で計算されているのか、ということですが、単純に株価の合計金額を225で割っているというわけではありません。
もちろん平均株価ですので、総合計を件数で割るというのは大前提として存在するものの、正確な平均株価を算出するためには株価ごとの条件を一定にする必要があります。
そのための要素となっているのが「みなし額面」と呼ばれるものです。
株式にはかつて「額面」と呼ばれるものがあり、これは会社を設立して株式を発行した際に、一株の値段を決めたものです。
この額面には一株50円のものもあれば50,000円のものもあり、同じ株数であったとしても50,000円額面の銘柄が日経平均株価に大きく影響されることになります。
たとえば50,000円額面の株価の値動きがすぐさま日経平均株価に影響される、ということが起こりうるため、これでは正確な指標とは言えなくなってしまいます。
そこで計算上はこの額面を50円に統一したうえでそれぞれの株価を計算しなおしたうえで平均株価を算出するようにしています。
2001年の法改正によって額面という概念は使われなくなったため、「みなし額面」という表現が使われています。

・日経平均株価の「除数」とは

さらにもうひとつ日経平均株価を計算するうえで重要な要素となってくるのが「除数」という概念です。
日経平均株価の対象となる225銘柄は常に同じというわけではなく、流動性が高い銘柄ということから常に入れ替えが行われています。
そのため、株価が低い銘柄と高い銘柄とで入れ替えが行われた場合にはそれだけで日経平均株価が急激に上昇する可能性があります。
そこで、実際に入れ替える銘柄の比率を計算し、それを元に入れ替える銘柄数を計算することで除数を求めます。
銘柄が入れ替わるだけで急激な日経平均株価の上昇を抑えるための調整として、こうした方法も利用されています。

・日経平均株価と景気との関係とは

ではこの日経平均株価はどこまで景気を反映しているのかということですが、対象となる225銘柄の株価が上昇すればそれに伴い日経平均株価も上昇しますので、その意味では景気の動向を調べるうえで重要な指標ということになります。
ただし、先述の「除数」の概念から業績が好調な企業が入れ替わったとしても日経平均株価が急激に上昇することはありませんので、必ずしも景気の状況を正確に反映しているとは言えない部分もあります。
しかし、その反面、株式投資を行う際には非常に重要な情報となります。
それは、日経平均株価が上がるということはそれだけ日本経済が好調な状態であるということを判断できるためです。
好調な状態の時に投資をすることで利益を上げる可能性を高めることもできますし、低調な時期に敢えて買っておくという方法もあります。
日経平均株価は必ずしも景気の状況がダイレクトに反映しているというわけではないものの、日本経済の好調・不調を測るための判断材料になりますし、こうした材料は投資を行ううえで非常に重要な情報となるのです。
日経平均株価の情報を正しく読み取ることは投資戦略の基本のひとつともいわれており、これから投資を始めてみようという人であれば確認しておいて損はないでしょう。

→現在の日経平均株価はこちら


株の基礎知識2018.07.31




銘柄レポート

今月の上昇銘柄 トップ100【2019年04月度】 今月の下落銘柄 トップ100【2019年04月度】
ゴールデンクロス銘柄【短期】 デッドクロス銘柄【短期】
ゴールデンクロス銘柄【中期】 デッドクロス銘柄【中期】
値上がり額ランキング 値下がり額ランキング
値上がり率ランキング 値下がり率ランキング
出来高増加率ランキング 出来高減少率ランキング
年初来の高値更新銘柄 年初来の安値更新銘柄

記事一覧

1 2 3 次へ  (13件)